読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住所録消える

いつも使っている住所録。

転勤者の上書きをしようと思って開けようとしたら、無い。

綺麗さっぱり跡形もなく消えていた。

訳が分からずウロウロした。

でもどうしても見つけられずに諦めて家計簿を入れる。

そしてパソコンを閉じる。

どうしようか考えながらお風呂を洗ってまたパソコンを見る。

住所録は無い、消えている。

 

パソコンには詳しくない、ここからどうしてよいか分からない、困った。

仕方がないからサポートセンターに問い合わせることにする。

まず住所録のソフト会社富士通へメールを送る。

こんなエラーメッセージが出てますと送ったら早速返答があった。

どうも住所録が入っていたファイルを削除してしまったらしい、心当たりはないけどそうらしいのだ。

ごみ箱を元に戻して出てこなければ今ある住所録のソフトを一旦アンインストールしてもう1度再セットアップするのかな?そんな返答メールが来た。

詳しい再セットアップの仕方はパソコン会社に聞かなければならないみたい。

 

今度はパソコンのサポートセンターに電話をかける、でも混んでいるのか繋がらないぞ?

もう夕方だし残りは明日か、もうガッカリ。

 

今日は1日住所録で終わった、でもまだ住所録は戻っていない。

どうにかして住所録を戻したいけれどどうにも出来ないってもどかしい↴。

明日こそ電話が繋がれば良いんだけれど…。

男の子が欲しかった

娘が二人いる。

とっても満足、不満は無い。

ところがおとうさんは男の子が欲しかったのだ。

だからかどうか子供たちが小さい頃は娘たちのことをタロとジロと呼んでいた。

ちゃんと名前があるのに…。

でも産まれたからにはしょうがない、性別は選べないもの。

何より恵まれたんだから良かったんじゃないかと思っていた。

 

ところが最近素敵な男の子が出てきた、結弦君だ。

その子がとっても良い子だったもんだから羨ましかったらしいのだ。

あんな息子がいたら良かったのに~、と言い出した。

そりゃねあんな息子がいたら良かったかもしれないよ、でもねこれから生むのは大変だよ!と一応お断りはしたが、考えたら産むより育てるのが大変だった。

その子が成人の時70歳を超える、大変だ!

 

そんな会話をしている頃に甥っ子の高校合格の連絡が来たのだ。

その子は野球をしている。

暫く見ないうちにすっかり良い子になっておとうさんは我が家に居ない男の子の代わりに可愛がりたくなったみたいなのだ。

グローブ買ってあげたいなとか遊びに来ないかなと言っている。

見た感じ猫可愛がりだ。

でも買ってあげるのは良いけれど過剰なプレゼントはかえってプレッシャーになるんじゃないの?

高校でも野球をするらしいけれど新入部員は30人いるんだとか。

全部でざっと100人の野球部員がいる、レギュラーは遠いよ。

まずはそっと応援してあげたらいいんじゃないかな。

 

もう子供を産むことは無い。

産めなくなると考える、頑張ってもっと子供を産めば良かったかな~?と。

でもどんなに沢山産んでも男の子が生まれる保証はないけれど。

桜散り始め

今日の東京は昨日の雨が朝のうち残って青空が覗いたのはお昼頃。

日が射さないから気温が上がらない寒い1日になっている。

けれどお誕生日なので上野まで自分へのプレゼントを物色しに出掛ける。

 

お散歩のついでに上野公園の中を通ったら桜の中でも1番最初に咲きだす寒桜は散り始めていた。 

f:id:yayoi50:20140303135835j:plain

f:id:yayoi50:20140303135902j:plain

f:id:yayoi50:20140303135844j:plain

 

去年は咲き始めの桜を見られたのに、寒いと思って来なかったもう散れていた。

満開を見逃してとっても残念。

寒い寒いと家に籠っているうちに春はもうそこまで来ていたみたい。

でもこの気温では冬のコートはまだまだ脱げないな。 

今日中に頑張る

明日はお誕生日、この歳になると特にめでたくは無い。

けれど折角だからちょっと早め、今日お寿司でも食べに行かない?とおとうさんを誘ってみた。

けれどちょっと込み入った仕事が入っていて昨日も今日も出社してお疲れ、お付き合いするのは無理と言われてしまった。

来年2年まとめて頑張るらしい。

仕方がないからお寿司はこのタイミングで食べなくても良いし、ケーキだけ自分で買ってこようかと思っていたら朝から雨そして寒い。

わざわざケーキを買いに行くの面倒だな~と思っていたらおとうさんが帰ってきた。

お土産はケーキ、途中で買って来てくれたらしい。

f:id:yayoi50:20140302141605j:plain

二人家族なのに3個買って来ておとうさんは甘いものは食べない。

最近太ったねとよく言うくせにまた太らせたいようだ。

でも買に行かなくて良かった。

おやつと夕食後のデザートと夜食に食べることにする。

今日中に食べ切らなくても良いような気がするが!

2月は逃げて行った

今日から3月早い!

2月は逃げて行って、3月は去っていく。

言葉通りの進み具合だ。

 

東京は昨日は暖かかったのに今日は朝から雨模様、寒い。

明日はまた雪の予報が出ているけどまさか積もらないよね。

そしてこの寒さは暫く続くとか、冬は居座ったままで桜の開花も去年よりだいぶ遅いみたいだ。

 

おとうさんの同僚が引っ越していった。

おとうさんの内示はまだ見たい、落ち着かない。

引っ越しても引っ越さなくても、何処で仕事をするにしても3月は出会いと別れの季節。

寒くても冬とお別れするのもそう遠い先では無いはず。

甥っ子姪っ子総勢10人

おとうさんは3人兄弟、私は4人姉妹、兄弟たちには其々に子供たちがいる。

甥っ子姪っ子を全部合わせると総勢10人だ。

その子たちも大きくなって今年は高校生1人中学生2人の入進学がある。

中学校は受験が無いから(田舎なので中学受験が無い)何の心配もいらないけれど高校受験は心配していた。

それがつい先日高校合格したよと連絡があったのだ。

第1志望に決まったのかは聞かなかったけれど無事合格できてホッと一安心というところ。

遅くならないうちに3月に入るとすぐにお祝いを送ることにする。

 

甥っ子姪っ子も10人いると毎年誰かの入進学がある。

今年は3人、来年は6人、再来年は2人。

暫くの間ずっと続くのだ。

御祝は好みもあるし兄弟の負担も考えていつも現金を送っている。

お祝い事だけれど結構大変。

でもお祝い出来るのは幸せな事だと思って、銀行でピン札を用意して送ることにしよう。

楽しい学生生活を応援している! 

じゃが芋のクズ

東京は今日は雨。

少しづつ寒さは緩んできているけれど、まだ冬の中だろうか。

でも南の国には春が来ているようだ。

店先には新じゃがが増えてきた。

 

自分の畑でじゃが芋を作るとクズが出る。

皮を剥いて食べられない程の小さいじゃが芋。

それも結構の量が出来てしまう。

捨てるのは勿体ないし、皮を剥くのは面倒臭い。

こんな小さいじゃが芋のクズ。

f:id:yayoi50:20140227173247j:plainこれは今日お店で見つけた物。

これを家では美味しく食べている。

 

皮を剥かずに炒め煮にして甘味噌を絡めて食べるのだ。

これは皮が付いているのが命、口に入れた時に皮がパリッとして美味しいのだ。

おとうさんの好物だから早速作って頂きます。

f:id:yayoi50:20140227173543j:plain

f:id:yayoi50:20140227173707j:plain

味噌が絡んでお芋がホクッと、美味しいなあ。

 

これは次の日冷たくなったのも美味しい。

お芋がちょっと硬くなってそこが美味しいんだけど、勿論チンしてもイケる。

 

でも絶対におとうさんは「このお芋じゃ、ちょっと大きいよ~。」と言うに違いない。

出来れば親指の先ぐらいのもう少し小さい芋がベストだけれど、お店で買うんだから仕方がない。

田舎御飯の田舎の味、美味しいなあ。