読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越し決まる

東京に引っ越してきて2年。

ようやく我が家のある福島に転勤が決まった。

また我が家に住んで福島で生活できるのだ。

 

田舎で生まれ田舎で育ち地元から出ることなくおとうさんと結婚。

東京はテレビで見る所で暮らす所では無かった。

それがおとうさんの仕事の都合で思いもかけず東京暮らしとなったのだ。

50歳を過ぎている夫婦には大変な出来事だった。

けれど地下鉄で迷い地下街で立ち尽くしていたのはもう随分昔のことのような気がする。

すっかり都会人となりスイスイ銀座を闊歩しているのだ、自画自賛!

そんな東京暮らしはどんなに刺激的であっても結局馴染めなかった、落ち着かないなの連続だった。

きっと早く我が家に帰りたかったんだ。

 

今まで経験できなかった東京暮らしにつれて来てくれたおとうさんにはお礼を言いたい。

美味しい物を食べたり知らない所に出掛けたり楽しい東京暮らしを満喫したのだ。

長かったようでも2年で終わる東京暮らしは年寄夫婦には丁度良い長さだったような気がしている。

 

おのぼりさん人生は終わるのだ。

 

長い間くだらないこのブログにお越し頂き有難うございました。

田舎に戻るのを機にこのブログを終了いたします。

下の子にブログ終わろうと思うんだと言ったところ、続けたら良いと思うよボケ防止に続けなさいと言われたりもしましたが、どう考えても田舎にはブログに書くことはなさそうに思えるので。

大根の種を蒔いたり、アスパラをどっさり収穫したこととかを書いてもつまらないと思ってしまうんです。

でもそんな事でも良いのかなと思える時が来ましたらその時はまたお付き合いください。

 

星をつけて頂いたりコメントを書いてくださった皆様有難うございました。

皆様の健康をお祈りして終わりにいたします。 

有難うございました。

喪章

社宅から見える小学校の昇降口に日の丸が掲揚されていた。

朝、その日の丸を見て今日は小学校の卒業式なんだなと思った。

そんな時期だものね。

ところがお昼前にその小学校の前を通りがかって日の丸をよく見たら黒いリボンが付いている。

喪章?

小学校で何かあったのだろうか?考えながら通り過ぎた。

通り過ぎて随分経ってから気が付いた、今日は3.11東日本大震災の日だ。

だから喪章の付いた日の丸が掲揚されていたんだ、きっとそう。

だって卒業式にはまだ早いもの。

 

テレビでは数日前から3.11の特集番組が流れている。

その日を忘れない、亡くなった方を悼む、その気持ちはわかるけれど見る気がしない。

見たくはないのだ。

それは東日本大震災の当事者だからなのかもしれないし、冷たい人間だからなのかもしれない。

あの地震が起きる前には戻れない、もう戻れないのだ。

 

話しの中で「そういえばそんな大きな地震があったねえ。」と微かな記憶の中で思い出せるぐらいになればいいと思っている。

忘れたいのだ。

 

でも私が生きているうちに、あの震災が遠い記憶になることは無いだろう。

福島の未来が明るくなるのは果てしなく遠い。

春韮のお鍋

東京は朝から風が強くて寒い。

晴れているから布団干しをしたいけれど、この強風では無理だった。

それにしても寒い。

 

3月の声を聞くとそろそろお鍋は終わりだ。

寒くてもサラダなんかの春のご飯が食べたくなる。

春胡瓜も美味しし、ワカメとかの海草も春の物は美味しい。

それに引き替え白菜の味が落ちて来るからどうしてもお鍋は食べなくなるのだ。

ところが毎日はちっとも気温が上がらなくて、こんなに寒いとやっぱりお鍋が食べたくなる。

地下鉄の駅から社宅まで歩いて帰ってくるおとうさんもきっとあんまり寒くて凍えて来る事だろう。

 

今日の夕ご飯は春の韮が美味しそうだったから、もやしと韮でお鍋を食べよう。

4分の1残っているキャベツも入れてキムチ鍋にしようかな。

春の足音はまだ遠いそんな1日だった。

お散歩道に咲く春の花

今週の一枚「木と草花」

 

東京は強い北風がやんで穏やかなのに気温は低め春は遠いなと感じる。 

けれどお散歩に出掛けてあたりを探したらこんなに春に花が咲いていた。

 

いい匂いがすると思って探したら沈丁花はほころび始めていた。

f:id:yayoi50:20140309105840j:plain

  

こちらは柊南天。

遠目にはまだ冬の葉なのに葉の付け根にはこんなに黄色い花が咲いている。

f:id:yayoi50:20140309110225j:plain

f:id:yayoi50:20140309110206j:plain

 

そしてこちらはミモザ

f:id:yayoi50:20140309110402j:plain

  

少しづつゆっくりと春は広がる。

寒いようでも都内の雪はもうすっかり消えてなくなった。

これで気温が上がればウキウキして動きやすくなるんだけど。 

高級品

今度の金曜日はホワイトデー。

おとうさんは娘たちからプレゼントを貰ったからお返しをしなくては!

 

選んだのはツッカベッカライカヤヌマのクッキー。

高級品だ。

f:id:yayoi50:20140308134056j:plain

f:id:yayoi50:20140308134224j:plain

f:id:yayoi50:20140308134303j:plain

おとうさんにプレゼントをしていない自分の分も買ってきた、もちろん!

 

ついでに何か一緒に入れて送ろうかと聞いたら希望は白滝と生七味とのことだった。

白滝は近所の蒟蒻屋さんで作っている物。

スーパーの物より細めでソフトボールみたいにきっちり巻いて売られているのだ、美味しい。

生七味はこの間ブログに書いたもの。

高級品のクッキーと白滝と生七味、組み合わせは変な感じだけれど娘に送るから構わないのだ。

 

荷物はすでに昨日発送してもう着いたと連絡があった。

家でもこれからお茶を入れて高級クッキーを頂くことにしよう。

今日びっくりしたこと

ワイドショー、そうは見ない。

どちらが良いとか悪いとか、其々に理由があり立場がある。

切り取られた一瞬でそのすべてが分かる訳じゃない。

 

でも今日の佐村河内さんにはびっくりした。

あなたは誰ですか?だった。

ネットにアップされている写真を見てまず弁護士さんがなんか話しているんだなと思っていたら本人だった。

本人ですよって名乗っても信じられないぐらい、全く別人になっていた。

ここまで変貌しちゃうと騒動の内容は飛んだような気もする。

会見の初っ端で見事に1本とられた感じだったんじゃない?

 

この騒動のことは何も知らないからどうこう言えない。

けれど分かった事もある。

やっぱり人間見た目だ!

今迄どう見ても怪しかったのに、ここまで変貌するとまるで弁護士さんに見えてくるんだものね。

髪を短くしてスーツなんか着るときちんとした人に見えるから不思議?!

住所録戻る!

朝イチでパソコンのサポートセンターに電話をする。

昨日電話が混んでいて繋がらなかったから比較的空いている時間帯ということで朝電話をしたのだ。

待っているとどうにか繋がり昨日の状況を説明する。

分かりましたではソフトの入れ直しをしましょうと言われる。

でもCDは無いんですよ?

 

前に随分昔に1番最初にパソコンを買った時、入っているソフトのCDは同封されていた。

何かあった時にはそれで入れ直せるように。

でも今はそんなものは無い、ほぼ同封の資材は無いのだ。

だからどうやってもう1度ソフトを入れるのか不思議だった。

どこからかダウンロードするのかなと思っていた。

 

なにもかもが分からないので電話の指示通りに操作をする。

まずスタートボタンからすべてのプログラムを開きます、その中からソフトインストーラを選んで出して下さい。

そして今入っている使えなくなっているソフトを削除します。

次へ次へで完了です。

続いて今削除したソフトを追加します。

また次へ次へで完了です。

操作の方は以上ですが住所録が使えますか?と聞かれて住所録を開けてみる。

あら~~、凄い!CDももちろんダウンロードもしないで3分くらいで全てが終わり住所録は復活した。

担当者の話によると買ったときに入っているソフトはパソコンの中に有るのでそれを出しただけなんですよとの事だった、そうなんだ。

いまはソフト自体をパソコンの中に入れて仕舞ってあるんだね、そういう事なんだ。

 

どうにか住所録は使えるようになったけれど、結局戻ったのは枠だけ。

今まで入れていた住所は消えている。

手元に残っているのは紙に印刷した物だから始めから入れ直さなければならない。

下の子にはバックアップとって置きなさいと言われたけれど、実は誰にも内緒だけれどバックアップ知らないのだ。

今迄したことないから分からないのだ。

もしかしたらパソコンを使うためにはそこから始めなくちゃいけないのか?